不倫の結末

不倫がバレた際の慰謝料は相場はいくら?これからどうなる?

目先の楽しみに心を奪われていると、不倫で起こる大きなリスクを軽く見てしまい、深く考えようとはしないものです。

背徳感に溺れ、非日常を楽しむのが不倫の楽しみではありますが、その場の雰囲気に流されるように関係を続けた結果、不倫が彼の奥さんにバレたとなると無傷では済みません。

不倫のきっかけはさまざまですが、関係がバレたら謝っても許されないのは、大人なら誰でも分かる事ですよね?

「バレたら別れればいいや」「慰謝料までは請求されないよね」

そう軽く考えがちですが、不倫がバレれば慰謝料はもちろんのこと、今後の人生にも大きく関わる事態にも発展しかねない大問題!

不倫の慰謝料はどのくらいかかるの?関係がバレた後、ふたりの関係はどうなるの?そんな不安ばかりが沸いてくるでしょうが、不倫バレという最悪な事態の後は、一体どうなってしまうのでしょうか?

不倫の慰謝料請求は証拠の有無がポイント

1・不倫の慰謝料請求には証拠は必要

不倫によって受けた「精神的苦痛」に対し支払われるのが「慰謝料」ですが、不倫された側(彼の妻・自分の夫)には等しく請求する権利があります。

とはいっても慰謝料請求にはれっきとした「証拠」が必要になりますし、不倫相手との通話履歴・メールのやり取り程度の証拠では証拠能力としては弱く、請求されても言い逃れられます。

慰謝料請求には誰もがひと目で分かる「不倫の証拠」が必要で、性行為をした写真や動画、ホテルへ入る写真が複数枚必要になりますが、一般人には入手が困難なため探偵や興信所へ依頼し、証拠を入手するのがほとんどです。

慰謝料請求してくる人の多くは弁護士に依頼し慰謝料請求してきますが、その場合着信履歴やメールしか証拠が無かったとしても、小さな証拠を積み重ね慰謝料請求されるパターンも存在します。

不倫相手とのデートで利用したホテル・レストランの領収書・クレジットカードの明細など、一見小さな証拠ですが証拠を組み合わせ請求してきます。

2・事情によって金額は変わる

慰謝料にはある程度の相場がありますが、不倫の状況によって金額は大きく変化します。

・離婚&別居も無しの場合 50~100万

・不倫が原因で別居した場合 100~200万

・不倫が原因で離婚した場合 200~300万

これは平均的な慰謝料の金額であって、明確な基準があるわけではありませんが、状況によって金額は変化します。

不倫の慰謝料が高額になりやすいパターンとして、

・婚姻関係の長さ

・不倫前後で家庭生活が激変した

・子どもがいる

・どちら主導で不倫が始まったか

・不倫期間の長さ

・不倫相手の妊娠

・不倫関係を認めなかった

・ショックで病気になった

など、さまざまな精神的苦痛によって慰謝料は増額しますが、その一方で、

・法外な金額を請求された

・相手から誘われ不倫関係になった

・不貞回数が少ない

・支払い能力が低い

・心から反省している

など、減額ざれることも十分に考えられるので、相手が弁護士を雇い慰謝料請求してきたらなら、こちらも弁護士を雇い慰謝料を減額する方向で駆け引きをしていくべきです。

不倫がバレた後、どうなるの?

1・彼と別れ慰謝料を支払う

不倫がバレたら不倫関係を清算する。

これが一般的な考え方なのでしょうが、不倫とは言え「本気の恋愛」だと感じていると、彼と別れるなんてあり得ない!とばかりにこっそり不倫を続けようとするカップルもいます。

不倫相手の妻に泣きながら謝罪をしつつ、裏では以前と変わらず関係を続けていても、その後付き合い続けている事実が発覚すれば、再び慰謝料請求されるのは間違いありません。

不倫相手と別れ慰謝料を支払う。不倫がバレたら大人しく慰謝料を支払い彼の元を去る・・・これが一番スタンダードな方法です。

2・会社を辞める&離婚を言い渡される

社内不倫の場合、相手の奥さんや会社に不倫関係がバレたとなると、それなりの報復を受ける覚悟が必要です。

社内不倫の場合、良くて部署変えや転勤で済みますが、下手すると転勤を言い渡されたり、閑職へ飛ばされ自主退社へ追い込まれたりと、社会的地位が揺らぐ状況い追い込まれる事も考えられます。

不倫発覚後「離婚」する夫婦は多く、会社を辞めた上離婚までするはめになれば、かなりの精神的ダメージを受けるでしょう。

離婚を踏みとどまったとしても、一度裏切った・裏切られた相手と生活するのはかなり辛く、離婚した方がましな場合もあります。

3・強制的に実家へ連れ戻される

既婚者との不倫がバレ、自分の両親にまで不倫の事実が明らかになると、強制的に地実家へ連れ戻されるパターンもよくあります。

不倫相手の妻によっては、憎き相手へ「精神的苦痛」を与えようと両親に告げ口していれば、親は怒りながらも子どもを心配し、自分達の手元に連れ戻そうとするものです。

強制的に実家のある地元へ連れ戻された後は、お見合いをさせられたり、異性関係もチェックされたりと、自由のない生活になる覚悟だけは必要ですよ。

4・こじれた挙句、裁判沙汰に

不倫の事実がありながら、不倫の事実を認めず慰謝料請求にも応じない、徹底的に逃げようとすればするほど、相手の妻の怒りが大爆発した結果「裁判沙汰」になるケースも十分に考えられます。

まさか裁判なんて・・・と思うでしょうじ、裁判になれば受け取れる慰謝料も減額される上時間もかかるので、相手の妻にとってプラス面がなさそうに感じますよね?

ところが人の感情はお金では補填されないからこそ、傷付けられたプライドを少しでも回復させるため、慰謝料より憎き不倫相手への制裁を選ぶ人もいますし、法廷で自分の不貞を他人の前で証言する屈辱はかなり辛いものです。

裁判沙汰になる例は少ないですが、何の対応もせず逃げ回ればそれなりの制裁を受ける事だけは、しっかりと理解しておいた方がいいでしょう。

おわりに

付き合っている途中で相手が「既婚者」だったと発覚したなら、その時別れていれば慰謝料請求されても支払う義務はありませんが、発覚後も不倫関係が続けば慰謝料請求の対象になるので注意が必要です。

不倫が発覚しすべてが公になれば、もしかしたら彼と結婚できるかも?そんな淡いロマンティックな想像をしがちですが、不倫がバレた後、残念ながら多くの男性は家族の元へ戻っていくか、たとえ離婚しても結婚はおろか、再び付き合ってはくれません。

不倫相手の妻に関係がバレたなら、誠心誠意謝罪することがまず第一!

下手に言い逃れようとしても相手の気持ちを逆なでするだけなので、下手な言い訳ではなく相手の心が静まるよう慰謝料などの償いはきちんと済ませてくださいね。

関連記事

  1. 不倫の結末

    不倫にやめ時はある!?不倫が楽しめなくなったら

    その場の成り行きやドキドキしたい願望から始まった不倫だったとしても、も…

  2. 不倫の結末

    1回のデートで終わりになる女性の特徴

    気になっている彼から初デートに誘われたものの、2回目のデートに誘われな…

  3. 不倫の結末

    不倫した人が辿り着く結末とは?

    不倫は甘く切ない、甘美で背徳感あふれる関係ですが、そのドキドキの裏には…

  4. 不倫の結末

    不倫相手との不倫関係を終わらせる方法

    不倫を始めた頃はドキドキ&ワクワクな背徳感に溺れていても、愛しても報わ…

  5. 不倫の結末

    不倫相手の男性に捨てられた女性におすすめの復讐4つ

    不倫だと知りながら相手と付き合っていたのですから、いつかは別れが訪れる…

  6. 不倫の結末

    不倫相手と別れを決意する瞬間5つ

    たとえ不倫関係だったとしても、相手に夢中で手放したくないと強く感じてい…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 不倫する男性の心理

    あなたの彼は大丈夫?W不倫に冷めた男性が取る行動とは?
  2. 不倫と離婚問題

    自分の浮気が原因で別れた夫との復縁方法
  3. 不倫する男性の心理

    男性に飽きられる女性の特徴とは?
  4. 不倫の結末

    不倫がバレた際の慰謝料は相場はいくら?これからどうなる?
  5. 不倫する女性の心理

    夫とのエッチに不満なら不倫相手を探すべき理由4つ
PAGE TOP