不倫の基本

不倫と浮気の違いは?

不倫と浮気、どう違うの?と思いつつも、その場の雰囲気でなんとなく「不倫」「浮気」を混同して使っている方も多いかと思います。

よく混同されがちな不倫と浮気ですが、この双方にはどんな違いがあり、どのような使い方をするのが正しいのでしょうか?

不倫の定義

不倫とは婚姻関係にある配偶者がいながらも他の相手と恋愛関係になったり、体だけの関係を前提として性的な関係を持つことをいいます。

どちらかが婚姻関係を結んでいる相手がいること前提で、他に恋人がいる相手から略奪するのと、人の夫や妻と不倫するのでは深刻度合いはかなり違いますし、下手をすれば慰謝料請求や裁判沙汰になる場合も考えられます。

浮気の定義

浮気とは特定の恋人がいながら他の相手とデートやキス・性行為をすることです。

浮気の定義は幅広い部分もありますが、双方が婚姻関係にないこと、性交渉がない関係なら浮気には当てはまりません。

既婚&独身によって使い方が異なってくる

俗に「愛」があるのが「不倫」「遊び」「浮気」と主張する方もいますが、何となくあやふやで的確な分類の仕方でないように感じます。

「不倫は既婚者、浮気は独身者」という風に、既婚&独身かによって振り分けるのが一般的にも一番多い分類方法ではありますが、浮気や不倫の定義は人それぞれ。認識の違いによって意味合いも変化してきます。

不倫と浮気は置かれた立場によって違う

浮気は配偶者や特定の恋人がいるにもかかわらず、影に隠れてこっそり異性と会ったりと世間的にも不適切な関係を持った場合に用いられます。

一方、不倫は一般的な道徳に外れた行為のことです。

パッと見た感じはさほど違いは感じませんが「浮気」は独身・既婚にかかわらず、自分の配偶者や恋人等の大切な人を裏切るような行動をした時に用い、「不倫」は自分の夫や妻以外の相手と関係を持った時にしか用いられません。

不倫&浮気の細かい定義

不倫や浮気には人それぞれの細かい定義があり、一概に皆同じではありませんが、大まかに分類することはできます。

肉体関係がある・ない

不倫や浮気をしている・していないは人によって異なります。

人によっては手をつないだ、食事をしただけでも不倫や浮気したと泣き叫ぶ人もいますし、キスや性的関係を結ばない限りOKと感じていたりと、不倫・浮気の定義は人それぞれ。一概にまとめるのは実に難しいものです。

不倫となるとドロドロとした深刻で重苦しいイメージがあるせいか、不倫している人によっては「これは不倫じゃなく火遊び程度の浮気だ」と言い張る人もいます。

肉体関係がある時点で「不倫」にも「浮気」にも当てはまりますが、法的には1度の性的関係は浮気にカウントされない、そんな不可思議な例もあるほど、振り分けはかなり難しい問題でもあります。

本気の関係である・ない

不倫の場合、最初は本気でなかったとしても、関係を続けていくなかでふたりの気持ちが燃え上がり本気の恋愛に発展する可能性が非常に高い関係です。

一方浮気はその場の雰囲気や気の迷い、お互い暗黙の了解で身体だけの関係を続ける、いわば遊びの関係なわけですが、本気になると不倫関係を隠そうともしなくなるので、逆に関係を続けにくくなるパターンもよくあります。

相手に恋愛感情がある・ない

男性は身体の浮気が許せず、女は心の浮気を許せないとよく言われますが、相手に対し恋愛感情がある場合には「不倫」、恋愛感情がないと「浮気」と分類するパターンもあります。

男性は肉体的な欲求、つまりは性欲が上回る状況になれば、恋愛感情がなくとも性的関係を結べますが、女性は男性よりも性欲が少ないことや妊娠に関するリスクもあるせいか、本気の恋愛感情がない限り不倫関係に発展しにくい一面を持っています。

男女ともにすべての人が当てはまるわけではありませんが、多くの人が恋愛感情がある・なしによって不倫・浮気かを判断します。

相手を独占したい・したくない

恋愛感情があれば、いつも自分を見ていてほしい!楽しい時間を少しでも長く過ごしたい、毎日連絡を取り合いたいと感じ、相手を独占したいと感じるようなら不倫、一緒にいない時の行動までは気にしないなら浮気だと定義する場合があります。

相手に夫や妻がいると知りながらも、将来的には結婚し家庭を持ちたい。そんな気持ちが高まりすぎると、相手の妻や夫に自ら不倫関係を暴露するなど、精神的に追い詰められたりと大変事態を引き起こします。

家庭に戻る・戻らない

遊びで始まった関係で、いずれは家庭に戻るつもりだったり、配偶者にバレたとしても懸命に謝罪し家庭に戻れたなら浮気。

最初は遊びで始まった関係でも、付き合っているうちに家庭・不倫相手どちらかを選ばざるを得ない状態になるまで関係ががんじがらめになる状態が不倫だとカウントするパターンもありますが、浮気ならある程度許されても、不倫となると多くが離婚に至ります。

関係が継続しやすい・しにくい

不倫関係は、お互いの背徳行為にスリルやサスペンスめいた刺激を楽しんでいるため、最初は遊びで始まった関係でも、お互いを必要をするようになったり、安心できる関係になると関係を絶ちにくくなります。

浮気の場合、露骨に言えば身体の寂しさを解消できればいいだけなので、下手をすると相手の気持ちを考えずに自分の要求ばかりを押し付ける関係になりやすく、関係が続けにくく短期間で終わりやすい関係です。

夫や妻に捨てられる・捨てられない

不倫や浮気は周囲に自分好みの相手がいたり、家庭生活にマンネリしていた、心がさびしいなどの原因や気の迷いから始まります。

夫や妻が本気の不倫だと感じ、配偶者の気持ちが傷付けば捨てられることもありますが、浮気の場合相手に本気でないようなら、結婚生活や恋愛関係を続けられます。

不倫や浮気はしないに越したことはありませんが、ふとしたはずみで関係が始まったとしたら、配偶者や恋人には絶対に存在を隠すのが「ルール」です。

法的な不倫&浮気の定義って?

法的な不倫&浮気の定義は存在しない
不倫・浮気にかかわらず、不倫・浮気関係が表沙汰になれば最悪の場合裁判沙汰になりかねませんが、法律上は不倫・浮気という言葉はありません。

不倫関係にあった当事者同士が性的な関係、つまりは「不貞行為」があったかどうかが裁判(離婚裁判)で争われますが、親権問題となると妻の不倫が原因で離婚問題に発展しても、多くの場合が母親に親権が行くのがほとんどで、育児実績がない男性は不利にならざるを得ません。

まとめ

不倫や浮気の定義は人によって違いますし、本人は軽い浮気のつもりでも配偶者が不倫だと感じる「認識のズレ」があれば、夫婦関係は破綻に近づきます。

このくらいなら・・・バレないならいいと一時のアバンチュールにおぼれるのもよいですが、不倫も浮気も引き際が大切!

自分は遊びでも相手を本気にさせすぎたり、家族を悲しませぬようほどほどのところで切り上げられるような、心の余裕を大切にしてくださいね。

関連記事

  1. 不倫の基本

    不倫相手の既婚男性と結婚するための4つのステップ

    今の奥さんの方が先に出会っただけで、本当は私の方が彼の妻にふさわしい!…

  2. 不倫の基本

    不倫のメリットとデメリット

    「W不倫」とは既婚者同士の危険な不倫関係のことです。W不倫なん…

  3. 不倫の基本

    こんな男とは不倫を続けたらだめ!不倫相手の正しい選び方

    身体の相性が良かったり、好きになった相手と不倫関係になるのは当然ですが…

  4. 不倫の基本

    独身女性が不幸になる不倫と幸せになれる不倫とは?

    「独身女性の不倫」と聞くと、不倫をズルズル続けた結果、不幸になってしま…

  5. 不倫の基本

    PTA不倫が流行中!キッカケとその実態は?

    「PTA」は「Parent-Teacher Association」の…

  6. 不倫の基本

    不倫相手と記念日やイベントを一緒に過ごす秘策

    世間的にも盛り上がるクリスマスやお正月・バレンタイン・誕生日等のビッグ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 不倫の基本

    既婚男性を好きになったら告白すべき?それとも告白されるまで待つべき?
  2. 不倫の悩み

    これってデートDV?!意外と気付かない彼氏からのモラハラ10つ
  3. 幸せな不倫

    専業主婦は不倫すると幸せになれる理由4つ
  4. 不倫する女性の心理

    既婚女性の脈あり行動、態度6つ
  5. 不倫の悩み

    セフレ扱いされやすい女の特徴6つ
PAGE TOP